若かりし頃に使った育毛剤が人生を変えた

MENU

生活習慣の見直しと同時にロゲインをトライ

髪の毛が悩みのタネという人は多いと思いますが、抜け毛や薄毛の原因は、実は生活スタイルの乱れや食生活とも深くかかわっています。

 

髪の毛の悩みは人によってさまざまですが、ロゲインを使いながら、自身の生活習慣を改善することで相乗効果を期待できます。

 

睡眠不足やストレスは、分泌されるホルモンのバランスを崩す要因を作り出します。

 

ホルモンのバランスが崩れると、細胞の一部である毛根や髪の毛に悪い影響を与えるということは言うまでもありません。

 

さらに、現代社会においてはつきもののストレスも、ためすぎてしまうことで、抜け毛、薄毛の大きな原因となります。一般的にストレスの多くかかる人ほど、抜け毛や薄毛のトラブルに見舞われる確率が高いとされています。

 

食事の面では、最近の脂質の多い食事や偏った食事によって、頭皮の皮脂が過剰に分泌され、毛穴を詰まらせる傾向があります。

 

毛穴が詰まることによって、頭皮や髪の毛に与えるダメージは大きくなり、その事が抜け毛や薄毛の一つの要因になりうる場合もあるのです。

 

このように、生活習慣、食生活など、身近なことを改善するだけでも、抜け毛、薄毛予防に効果を発揮できるといえるでしょう。

 

それと共に、さらにロゲインを同時進行で使用し、体の内側からも外側からも、頭皮や髪の毛に働きかけることで、相乗効果を期待できます。

 

ロゲインは、髪の毛に悩む人にとっては救世主となる商品ですので、その効果を最大限に発揮させるために、自分の生活スタイル改善と合わせて使う事が、髪の悩み脱却への最短ルートだと言えるのです。

頭皮のよごれについて

私は髪の根元が油っぽくなるのが悩みです。毎日シャンプーしても、夕方には油っぽくなります。

 

洗いすぎなのでは?と言われたりもしますが、毎日シャンプーしないと気持ち悪くて一日を過ごせません。

 

いつものシャンプーで、毛穴に溜まった皮脂を落としきれていないのが原因です。

 

シャンプーするのにも技術がいるんだと感じました。

 

そこで私はいつもシャンプーブラシを使用しています。たいていのプロの美容師さんは、シャンプーブラシは必要ないと言います。

 

ブラシを使用すると擦りすぎにより、髪の毛にダメージを与えやすいとか、毛穴は小さからブラシの先は奥まではいらない。

 

だから汚れは落とせない。

 

また、シャンプーブラシだと力の加減がわからないので、頭皮を傷つけやすいなどです。

 

しかしブラシを使用した時と使用しないときでは、明らかに洗い上がりが違います。

 

私は頭皮に傷がつかないように、ブラシの先が丸いシリコンのものを使用しています。

 

ブラシを地肌に押し当て、小刻みに動かしながらマッサージサするように洗います。そうすることで頭皮の血行がよくなり、目元までもがぱっと明るくすっきりします。

 

すすぎは念入りにしています。

 

シャンプーで一番大事なのがすすぎだからです。

 

シャンプーやコンディショナーが頭皮にに残ると、雑菌が繁殖したり炎症をおこしていまいます。

 

いくらすっきり洗い上げても意味がなくなってしまいます。

 

すすぎは洗う時間の3倍を目安に行っています。

 

そして必ずドライヤーで乾かすようにしています。

更新履歴